本文へジャンプ

更新日:2017/11/28

岡山大学大学院自然科学研究科 アクチュエータ研究センター
Actuator Research Center      Okayama University
書籍紹介
お知らせ

書籍『アクチュエータが未来を創る』を出版しました。
  岡山大学アクチュエータ研究センター編  産業図書出版

第12回「アクチュエータ」シンポジウム開催のお知らせ

  開催日時:平成29年12月12日(火) 15:00〜17:00
  会   場:岡山大学 津島キャンパス 大学院自然科学研究科棟2階 大講義室
         (下記キャンパスマップのN24の建屋)
         http://www.okayama-u.ac.jp/tp/access/soumu-access_tsushima_all.ht
  プログラム
      1.開  会(15:00)
      
 1)開会挨拶
         2.講   演 (15:00〜17:00)
          1)「ソフトアクチュエータ研究の展開」 15:00-15:15
                                          岡山大学 大学院自然科学研究科 准教授
                                                               脇元 修一
          2)「高分子アクチュエータの研究開発」 15:15-16:00
                                産業技術総合研究所 無機機能材料研究部門 グループ長
                                                            安積 欣志 氏
                休 憩 (15分)
          3)「脳波や筋電などの生体情報を基にした人間支援システムの開発」 16:15-17:00
                                                 関西学院大学 理工学部 教授
                                                            嵯峨 宣彦 氏
        3.閉  会 (17:00)

 対象:学内教職員,学部生,大学院生
 参加費:無料(当日参加可)
 問い合わせ・連絡先:岡山大学 大学院自然科学研究科 システム構成学研究室
               担当:米澤 (電話:086-251-8105,E-mail:yoneza-y@cc.okayama-u.ac.jp)
   

第13回「アクチュエータ」シンポジウムを平成30年1月23日(火)に開催予定です。
                                    (開催場所:岡山大学 津島キャンパス,対:一般,参加費:無料)

          

Click →

活動報告

これまでの活動一覧はこちらをどうぞ

 アクチュエータ(actuator)とは、モータ、油圧シリンダ、圧電素子、人工筋肉等といった「動き」を作り出すデバイスの総称です。
 アクチュエータは、ロボット、メカトロニクス、IT機器、バイオ操作、医用・福祉機器、航空機、自動車、科学分析機器等、
「ものを動かし、操る」縁の下の力持ち基盤デバイスとして様々な分野で現代社会を支えています。

〒700-8530 岡山市北区津島中3-1-1
TEL/FAX 086-251-8105
e-mail actuator@act.sys.okayama-u.ac.jp