産業界、学内外の様々な分野からの積極的なチャレンジを期待しています。

  岡山大学では、2008年11月、アクチュエータに関する研究開発および高度専門人材育成の拠点として、アクチュエータ研究センターを設立しました。
  従来の機械工学、電気工学、材料工学といった枠を超えた分野横断型工学の確立と新アクチュエータによるイノベーションを目指す医学、環境学、先端科学、産業技術等の異分野研究者との連携、融合を柱とする実践的な教育研究活動を目指しています。

図をクリックすると拡大します

詳細は、パンフレットをダウンロードしてご覧ください

【融合・連携】体制の構築活動
 1.分野横断型工学としてのアクチュエータの研究開発
 2.異分野との連携によるイノベーションの創出
 3.産業界との連携による実用的価値の創出
 4.アクチュエータに関する専門研究者/技術者の育成

Actuator Research Center Okayama University

これまでの活動内容はこちら